鷲神社(おおとりじんじゃ) ~鷲神社(おおとりじんじゃ)~

その他 

〒690-0033
東京都台東区千束
TEL:0852-21-6379
HPアドレス:http://www.otorisama.or.jp/


◆最寄り駅

入谷駅(東京メトロ日比谷線)


◆コメント

関東の商売繁盛を祈願する方には、なじみのある「酉の市」。そして、酉の市と言えば! の神社です。関西では、「えびっさん」でしたっけ?

そして、私もここの酉の市には、2回行ったことがあります。日頃は、静かな神社だと思うのですが、もうすごいことになりますから。

境内に入るまえの国際通りに、前の年の熊手を回収するためのトラックが止まっていて、ありがたいやら、なにやら分からないまま熊手を回収していただき。そう、そこで手放さないと、持って帰ることになりますからね。


で、境内に入ったら、身動きが取れないまま流されていきます。いったん、お参りをしようと直進します。

その後、熊手屋さん(こんな呼び名ではないと思うが)へGO! 店が非常に数多く、いったいどこで買えば良いのかと悩みますが、これは、もう直感、それが不安な人は、店にかかっている会社や個人名を見て、この会社、この人にあやかりたいと思ったところで買うのもあり。芸能人の名前もあったりしますからね。それを探すのも楽しかったり。


心が決まったら、購入です。そこで、また悩むのがサイズ。ピンからキリまであります。数百円から数十万円まで。ただ、熊手ってだんだん大きくするなんて話もあるから、そうそう最初から大きいのを買うのは勇気がいります。私は、最初は3,000円くらいのものを購入したはず。で、またまた悩むのが、買うときに値切るのか否か、また、祝い事なので少し弾むのか(なんていうんだっけ? あぁ、思い出せない)。私は……。値切った。で、札に名前を書いてもらったりもした。このあたりは、もう性格です。そういうことが場の雰囲気でできる人はするって感じかも。でも、そもそも商売人が来る場だからね、みんな上手です。


2回目の時、私はけっこう大きい熊手を購入したので、帰り道に注目の的に。おまけに名前が書いてある札がついてますから。でも、ここで小さくなっちゃだめ。地下鉄の中でも、胸を張って帰りましょう。


隣になる長国寺にもお参りしましょう。


◆公式サイト http://www.otorisama.or.jp/