天河神社 ~天河神社~

その他 

〒638-0321
吉野郡天川村坪内
TEL:0747-63-0558
HPアドレス:http://www.tenkawa-jinja.or.jp/top/index.html


五大弁天のひとつと称される天河神社は、弘法大師・役の行者ゆかりの地でもあり、世界的に有名なパワースポットです。芸事を司る神社として、とても不便な場所にあるにもかかわらず、昔からたくさんの芸能人も参拝されているそうです。龍村仁監督の映画「地球交響曲第五番」」でも、天河神社がとりあげられていますね。

ご祭神/市杵島姫命

●行き方:大阪から/近鉄「大阪阿部野橋」駅から近鉄吉野特急で「下市口」駅下車
京都から/近鉄「京都」駅から近鉄線で「橿原神宮前」乗換え「下市口」駅下車
下市口から/奈良交通バス「中庵住行」バスで約1時間「天河神社前」下車すぐ:奈良交通バス「天川川合」停留所から徒歩約30分


天河神社は、吉野の天河村という山の中の小さな小さな村にひっそりとたたずんでいます。

芸能人が訪れる神社、パワースポットとして有名な神社なので、大きな神社を想像しますが、小さく、村の産土神のような神社です。

神社の周辺は、人の家にそのままあがらせていただくような小さな民宿がいくつかあって、手づくりの野菜中心に、家庭料理でおもてなししてくれます。

電車で行く場合、まず「下市口」まで行くのもかなり遠く、さらに「下市口」からバスで約1時間。バスは1日2本なので、日帰りは難しい場所です。

天河神社は、とても神秘的な空間で、不思議な言い伝えもいくつか。

天河神社に行けるのは、「行くべき時期」になった人で、「行くべき時期」でない人は、行こうとしても体調不良とか、なんらかのことが起こって行けなくなるんだとか。

だから「行くべき時期」で招かれ、行けた人は、何かメッセージを受け取る、とか、自分の使命に気づくべき時、と言われているそうです。

また、ここの宮司さんは有名な方ですが、役の行者時代からの鬼の末裔だという言い伝えもあるとか。毎朝、早朝に「世界平和」のため祈りの行を行なわれている素晴らしい方で、時間があれば、色々と人生の指針になるような、ありがたいお話を聞かせてくださいます。

ここのおみくじは「古語」で書かれていて、宮司さんに解説をお願いしたら、自分で訳す以上のお話が聞けて、感動しちゃいました。

私自身、行ったときは転機ともいえる時期で、色々な壁にぶつかっていたのですが、宮司さんのお話を伺って、とても勇気づけられたり、自分自身を省みるきっかけになったり。

ひっそりと、不思議な安らぎのある天河村で、心のこもった全部手づくりのお食事をいただき、民宿のおばさんや宮司さんのご家族のあたたかさに触れ、宮司さんと生き方について語り合い、心身ともに充電させてもらったような、癒しの地です。

また自分にとって大切な大切な節目のときに訪れてみたいと思っています。

天河神社vol.1

天河神社vol.1