神社レポート

神社レポート56:賣布神社(島根県)

投稿日:2013-12-07 更新日:

第五十六号となる今号では、賣布神社 をご紹介いたします。
今号はのりかがご案内を担当いたします。
月替わりの日(今月は大雪)にアップしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎賣布神社(めふじんじゃ)

◎場所
島根県松江市和多見町81

◎交通機関
JR「松江駅」徒歩10分。

◎賣布神社とは
「出雲国風土記」や「延喜式」にも記述の残る古社で、水、海の守護神を祀ります。
「めふ」とは、海藻や草木が豊かに生えることを意味するそう。

◎御祭神
速秋津比賣神(はやあきつひめのかみ)

紹介サイト:https://shinbutsu.jp/shrines-temples/mefujinja/

◎訪問日記

島根はほぼ毎年一人で訪れていて、あちこちの神社を参拝するのを楽しみにしているのですが、とてもアクセスがいいのにまだ参拝していなかった、賣布神社。

松江駅からすぐの繁華街を抜け、宍道湖から松江港につながる大橋川にかかった、新大橋南詰すぐに位置しています。

大鳥居前にある賣布神社の車両止めには、可愛い雀の彫刻が。

境内は意外なほど広く、緑が多く、とても美しく整備された庭園のような神社です。

樹齢数百年という松が並び、境内社もたくさんあって素敵な散策スポットという感じ。

重厚で渋い拝殿の彫刻(龍)には、あの有名な小林如泥のものもあるそうです。

賣布神社の御祭神、速秋津比賣神は生命(活力)を司るそうで、神社の看板には、海の塩、樹木の気に宿る神々によって人々の活力がもたらされる、と書かれていました。

松江を訪れるときには夕日が美しい宍道湖散策とセットで是非。

◎周辺情報

松江駅すぐの便利な立地で飲み屋街すぐそばなので、松江に宿泊されるなら、朝イチすぐ立ち寄れる神社です。

歩いて松江城や小泉八雲ゆかりの地をめぐるもよし、松江から30分~1時間のバス移動できるなら、

須賀神社、佐太神社、神魂神社や熊野大社、八重垣神社と言った有名な神社、パワースポットもたくさんあります。

八重垣神社以外はバス本数も多くなく、不便ではありますが。

美保神社へもマイカーじゃないなら、かなり気合の必要な移動になります。笑

一泊では廻りきれないパワースポット凝縮な松江の魅力、ぜひ連泊や複数回の旅で、味わってみてください。

text by のりか

-神社レポート
-, ,

Copyright© 神社好き女子コミュニティ「神楽女会(かぐらめかい)」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.